日記を続けるコツ?

自分に甘くし、続けようとしないこと。

僕は、大学三年生の頃から、今日まで約5年間、朝日記を続けています。

こう話すと、
すごいね、なんでそんなに続けられるの?
コツは何かあるの?
とよく聞かれます。

それに対して僕はこう答えます。

自分に甘くすること、続けないこと。
基本的に僕は、怠惰な人間です。
大抵のことは三日坊主です。
高校生の頃にバンドマンに憧れて、母親に買ってもらったギターは結局
一回も触ることもなく、部屋のインテリアになりました。。。
コツコツ勉強できる人間であれば大学入試でも浪人しません。

日記に関しても、5年のあいだ毎日更新しているわけではなく、朝起きられずサボってしまったり
しばらく間が空いてしまうこともあります。


それでもいいやって割り切っています。
自分に甘いから。

別に書かなくても誰かに怒られるわけでも、
お金が減るわけでもありません。

だから気楽です。
好きな時に書けば良い。
しばらく間が空いたしても、結局戻ってきます。

どうしてか?

書くことが楽しいから。
昨日の楽しいできことを思い出してニヤニヤしたり
辛いことは書き出すことで、楽になったり
将来の目標を書いて、モチベーションを上げたり。

書くことを楽しんでいます。

そこに目的はありません。

日記で人生変わるとか、よく自己啓発本に書いていますが
本当なんですかね。

少なくとも5年では人生が変わった実感はありません。笑

5歳おじさんに近づきました。

ただ、5年日記をつけていくなかでもし何か一つ、変化を挙げるとしたら

様々な自分を発見できたこと

かなと思います。

夕方は少し、感情的になりやすかったり、
一つ何か上手くいくと、調子乗って色々なことに手を出して、失敗をしてしまうことが多かったりとか

自由に振舞っているように見せてとても周りの目を気にしていることとか。

色々な自分に気がつくことができました。

僕は日記をつけるにあたって
マイルールを2つだけ作っています。
・1冊ごとに名前をつける
・1日1ページ。

それだけです。

大学ノートとか、旅行先で買ったノート、時には自由帳とかを日記として使っています。
こだわりは特にないです。

なんで名前をつけ始めたのか、正直覚えていませんが、面白いです。
名前をつけると愛着がわきます。
ペットみたいというか。


今でも全冊大切にとってあります。
数えたら13冊ありました。

一冊目のタイトルは、「何でもノート」でした。

他には、「Man in the mirror」 とか「武蔵」 とか
その時、たまたま読んでいた本のタイトル、好きな聞いていた音楽の歌詞、ことわざなど
なんとなくでつけています。

ちなみに今の一冊は「for me」

もう一つのルール、1日、1ページ。
ただ1ページにびっしり書いているわけではなく、
多くても5~6行で

少ない時は疲れた。
何もしなかった。

みたいに、一言だけの時もあります笑

こんな感じで、自由に書いています。

これからもゆるーく続けていきます。

楽しいから。

0