第4話 焼き鳥のお供は山椒。〜プロジェクト ミリオンハイウェイ。〜 

”人生とは旅であり、旅はまた人生である。
これはおっぱいをこよなく愛する
若手広告マンの成長ストーリーである”

〜〜〜

#店長との出会い

2000万稼ぐまで3251日。

営業時間内、カウンターには2組のお客さん。
僕はその間に座るよう促される。
そして、店長らしき人からの一言。

何飲む、ビールでいい?

履歴書も、何も持ってこなくていいと言われていた。
本当に僕は手ぶらで来た。

焼き鳥も焼いてくれた。
30分くらい雑談して終わった。

大学生であること、彼女とのデート代を稼ぐために働きたいこと。

隣のお客さんも会話に入ってきて
普通に飲んで、食べて、話しておわった。

なら、明日よかったら体験でバイトに入ってみてよ。

分かりました。

翌日。

つかれた。
厨房の時計を見ると2時を回っている。
配膳をしたり、注文をとったり
立ち仕事はけっこうくるな。

ガラガラ。

店長、空いてる?

うん、空いてるよ。

男女2人組。

演歌歌手かと思った。
着物に、モリモリにセットした髪。
おじさんと2人で来ている。

あら、新入り?
よろしくね。

よろしくお願いします。

次の一言に僕はこんわくした。

ちょっと何か歌いなさいよ。

まさか僕に話しかけているとは思わない。

え、僕ですか?

あなた以外誰がいるの僕は、3秒悩んで、
歌い出す

ごぜんにじー ふみきりーに ぼーえんきょーを〜なんとか、1番を歌い切る。

ありがとう。
けど、その曲知らないわ。

僕の波乱万丈な
日々が幕を開けた。

2000万稼ぐまで3250日。

0