ハゲと呼ばれていた話

以前、中学時代の鬼コーチの話をしました。
そんなコーチは僕たちに
キャッチコピーをつけるのが得意でした。


ウドの大木
満喫暮らしのニート
全力少年



ハゲ

全て、練習中や試合中に生まれたものです。


決してコーチが穏やかな時ではありません。
大抵は怒っているときに命名します。


そしてコーチは大袈裟にその人の物真似もします。
走る姿や喋り方など
特徴を捉えるのが上手いです。


本気で怒っているのに、
面白いあだ名をつけ、物真似もしてくるので
周りは笑いを堪えるのに必死です。

もちろん笑ってしまえば、その後どうなるか分かりません。

そして、僕のあだ名はハゲでした。

正直、これには納得いきません。


なぜならみんな坊主だったからです。


もう少し、考えて欲しかったです。


観察
共感
皮肉


今、広告会社に勤める僕も
鬼コーチから学ぶことは多いです。


コーチの話です。
なんで一番にならなきゃいけないの?前編
なんで一番にならなきゃいけないの?後編

1+