おっぱい

僕も理不尽なことで

怒りそうになることも

まあ、ないこともないです。


そんなときは、おっぱいのことをかんがえます。

「怒りそうになったら、おっぱいのことを考えるといいよ。そうすると心がたいへん平和になるんだ」

「ずっと考えているわけではないよ。毎日ほんの三十分ぐらいだから」

森見登美彦(2012)『ペンギン・ハイウェイ』角川文庫 p51

1+