公園の先輩たち

僕が、福岡で1年間通っていた中学校には、
元気な生徒がたくさんいました。

先生も元気のいい人がたくさんいました。

僕の仲良かった友達は、
休み時間先生に職員室に呼ばれ、帰ってくると
シャツのボタンがありませんでした。

そんな賑やかな中学校の近くには
団地がありました。団地は通学路ではなかったのですが、
そこを通ると早く学校に着くこともあり、
僕は遅刻しそうな時、仕方なく団地の中を通っていました。

団地の公園には、毎朝必ず3年生の
元気な先輩が何人かいます。

ダボダボの制服に、
脱げてしまいそうなほど下がったズボン。

学ランの下にはお洒落な赤や、青のパーカー。

トサカやくりんりくりんのカラフルな頭。

そんな先輩がいる公園の横をまっすぐ前だけ見ながら、小走りです。
そしてなんとか校門へ。

走れえぇーーー

竹刀を持った先生。

ギリギリ間に合います。

汗だくで、そのまま教室へ。
朝の会が終わりすぐ、
授業が始まります。

ブーーーンブンブンブーーーン

今日もうるさか。

先生が窓を閉めます。

あ、お兄ちゃんだ。

後ろの席の佐藤くんがぼそっと言います。

休み時間、佐藤くんに聞くと
団地の公園に毎朝いるパンチパーマの3年生が佐藤くんのお兄ちゃんでした。
そして毎日、学校の周りをバイクで走っているそうです。

僕は1年間で、十分すぎるほどの刺激をもらいました。

2+