教室で電気ケトルを

高3の秋。
部活も引退し、
僕はやることがありません。

放課後、みんなが受験勉強のため教室に残っています。
僕も残ります。
今日は何しようかな、、

そうだ。

ロッカーに部室から持ってきた
電気ケトルがあることを思い出します。

高校で商売を始めた話

水道水をケトルに入れる。
黒板下のコンセントを使う。
スイッチオン。

ケトルの蓋を全開にし、
加湿器代わりに使いました。

乾燥は敵。

勉強を教えたりできない僕は、
乾燥からみんなを守ることで
少しはクラスに貢献できている気がしていました。

ゴボゴボうるさいから辞めてくれない?

3日も経たないうちに女子から言われ、
ケトルは持って帰りました。

0