パパからお父さん

小学校四年生の頃から、

家では、父親のことを
パパと呼んでいました。

しかし少しずつ恥ずかしくなってきて、
呼ばなくなりました。
お父さんと呼ぶのも恥ずかしかったので。

いきなり、

今日からお父さんって呼ぶね。

っていうのも恥ずかしいので。

ねえ、
ねえねえ、
あのさ、

気がついたら中2くらいになってました。

父親が察したのか、

「お父さんは」と、

一人称がパパからお父さんに変わりました。

ナイスアシスト。


それでも最初、言葉にするのはとても恥ずかしかったのを覚えています。



たったそれだけなのに。



っていうだけの話です。

1+